アーユルヴェーダの基本理論

アーユルヴェーダでは、世界の万物は五大元素である空・風・火・水・地からなるとされ、
この五つの元素をそれぞれ空・風のヴァータ、火・水のピッタ、水・地のカパの3つに分けこれをドーシャと呼んでいます。
この三つに分けられたドーシャを合わせてトリドーシャと呼び、
アーユルヴェーダでは生命の全てがトリドーシャ、三つの要素を持っているとされています。
三つが正常なバランスの状態では健康を維持する重要な要素ですが、
そのバランスが崩れる事で体調が崩れたり心と体のバランスが取れなくなると言われています。
ドーシャのバランスが取れた状態は人それぞれで異なりますが、バランスの取れた状態をプラクリティと呼び、
プラクリティによって性格や体質、病気のかかりやすさなどが異なるといいます。
バランスが崩れる要因としては、心身の状態や、食生活や生活習慣、時間帯や季節などで変わる体調の変化など様々です。
崩れたバランスを取り戻すのはもちろんですが、過剰になったドーシャを静めたり、
自分本来のバランスの取れたドーシャの状態を知り、
それにあった食生活や生活習慣をする事で、
心と体の調和を図ると共に健康に暮らすというのがアーユルヴェーダの考え方です。

Comments are closed.