目的

リラクゼーションや美容関係でアーユルヴェーダという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
何となく体に良さそうで、エステのようなもだと思っているかたは少なくないでしょう。
アーユルヴェーダとは生命科学という意味で、サンスクリット語からきています。
アーユルヴェーダの目的は2つあります。
一つは、いつまでも健康でいられること、そしてもう一つは、病気を治し長生きできること。
病気治療や健康維持を目的として、古代インドで説かれた学問なのです。ある一説では発祥は5000年前とも言われています。
アーユルヴェーダは医療知識や医学にも大きな影響を与え、古代から長い年月をかけ、現在に受け継がれてきたのです。
アーユルヴェーダの特徴は心と体を一体とし、単にかかった病気を薬で治すという事だけではなく、精神的な根本の部分から改善していこうという考えです。
この学問は医学だけでなく大宇宙や自然の流れとも深く関わっています。私達人間の存在と神や宇宙は繋がっており、複雑に絡み合っていると言われています。
天体、天文学、占星術もその一部とされています。
現代で人気の瞑想やヨガも含まれます。ヨガによって体をほぐし、瞑想で心を落ち着かせ、浄化する。この行いはアーユルヴェーダの考えそのものと言えます。

Comments are closed.