ダートゥのバランスと消化力の関係

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、生命活動をするうえでの基本的な7つの身体要素をダートゥといいます。
ダートゥは体内に取り込んだ栄養素を消化し代謝することで組織を生成し活性化します。
アグニは消化・代謝の炎ともいわれていて栄養素を消化し代謝する役割を持っています。
アーユルヴェーダの消化は一般的に考えられている消化とは違い、体内に取り込んだ食べ物から得られた栄養をエネルギーに変えて吸収することを意味しているので、アグニは胃腸や肝臓はもちろん7つのダートゥにも存在しています。
消化が正常な働きをしている場合は、きちんと消化吸収された栄養物が血液や筋肉・神経組織といった様々な身体組織に運ばれていきます。
しかし、身体の状態が悪くなったり、食べ過ぎによって過剰な量の食べ物が消化器官にはいってくると、消化の炎であるアグニが正常の働きをすることができなくなってしまいます。
適切に消化できなかった食べ物は未消化物となり栄養として身体に吸収されることはありません。
その結果、体内に過剰に蓄積し吸収されてしまう事によって病気などの身体異常を引き起こす原因となってしまいます。
これらの未消化物の事をアーマといいます。

Comments are closed.